「BONES」時節1 第14はなしを見て

USAドラマ「BONES 骨は申し述べる」時季1の第14物語を見ました。

こういう回はめずらしくブースは抜きで、ブレナンってザックの2人で災害現場に向かう事態からの窓口でした。

以後、災害ではなく出来事性がある骨が発見されたことから、ブレナンはブースをラボに呼び出します。

この時ブースが「本当は僕に会いたかったんだろ?」といったブレナンに言ったのにはちょい驚いてしまいました。

ブースが軽々しいビートでこんな科白を言うのも意外でしたが、いつの間にやら2人はなかなか仲良くなっていたんですね。

ブースの笑いが余りにステキなので、にっこりが立ち寄りませんでした。

他にも、運転中のブースのほっぺたをブレナンがつねって2人で微笑み見合う事態など、少しずつギャップが縮んでいるのがうかがえて快くなる。

そうして、初登場した迷子奴探索のプロであるジェシーですが、ブレナンに思い切り惹かれている様子だったので、どうしてなることやらといったビクビクしました。

お互いに両親が失踪して掛かる奴友達から、行渡り合える箇所も多かったのではと思います。

最終的に、父兄の失踪についての探訪ファイルはブースに託すことにしたブレナン。

あとあとなんらかの拡散が見られることを見込みしよだ。ラーニングアップ 楽天

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5930 4:33 PM