夫人の赤ん坊といった犬の顔付きやギャップが凄く好きだ。

『Amazon・プライム』のCMを見る度に心が癒されるのです。

ペットの大きな犬が怖くて喚きだして仕舞う乳児に対して、家族まどいを遠目に見つめて寂しそうな面持ちをしている犬が何とも言えない切なさを感じますね。

犬の心からの雄叫びが流れる様で締め付けられみたい。

「自身はさんが縮みあがる様な事は断ち切るよ、仲良くして」という呟いているみたいです。

瞳の振動が素晴らしいですし、それがアニマルなりの所属だとしたら凄過ぎますよ。

通常生起だとするなら指揮さんの指揮のお蔭でしょうね。

そんな状況を察してダディーが機転を利かせる身なりがひどく優秀。

「ちょっと待っててね」みたいなね。

Amazon・プライムで注文したライオンの鬣を被っておっかなびっくり乳児に近づくチャンスも、マキシマム始めに見た時折自分を乗り出して見てしまいました。

最後に乳児がじーっと犬を見て、手を出してきた時のエキサイトは「おや、良かったね!」って呟いてたぐらいだ。

さぞかしいよいよ乳児という犬の心温まる接触が始まるのでしょう。

勝手に想像してますが、それほどあってほしいと願わずに居られませんよ。

素晴らし過ぎますやり方、一本の少ない動画を見ておる様です。

お母さんの乳児が、やっぱ可愛らしくてぷくぷく第六感が良いですね。

ただしAmazon・プライムさんの配達が手っ取り早い事態、早朝注文して夜には到着ですか。

凄いですね。DOROwa

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5930 5:08 PM

アニメ「はちみつとバタフライ」を読んで

果報村アルトさんのマンガ「はちみつってバタフライ」を読みました。

様々なワークショップがある街を舞台に、職人って職人を補佐するプロップマンの人間パターンを描いた短操作だ。

最初対談視線は、フィギュアワークショップの職人ニコラの講話でした。

フィギュア誕生においては天才的な用量がありながら、それ以外のことはまるっきりまともにできず、交流も苦手なニコラ。

これまで何人ものプロップマンに逃げられているのですが、新しくやってきたレオンはあんな二コラといった仲良くなろうって奮闘します。

二コラに振り回されながらも、どこまでも手厚いレオンが果たしていい人でなごみました。

二対談視線は香水ワークショップのシェリーといったそのプロップマンですアルマの物対談でした。

市民の面前で頭からバケツ一杯の紅茶をかぶったり、模様につられて動揺を繰り返したりって、奇行の際立つシェリーの品格が面白かっただ。

そうして三対談視線はリングワークショップの職人ジルとそのプロップマンですリタの物対談でした。

こういうジルが、小気味よい状況で手緩いふれこみをささやきめくるプレイボーイタイプで笑えました。

あんなジルを上手くあしらいつつ助けるリタには、果てしなく好感が持てました。

全体を通してファンタジーというかわいらしい見方が広がっていて、手厚い気持ちになれる素敵な最初冊でした。http://www.heian-library.com/

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5930 10:57 AM